【JKfan杯第14回武蔵国空手道親睦大会】閉幕

素晴らしい大会となりました。

これは一重に、選手の気迫のこもった組手と気合い

またそれを裁く審判員

そして大会運営を左右する係員の皆様

これが「三位一体」となったのではと思います。

しかし残念なのは、主催している本会選手の結果が厳しいものでした。

「成功は失敗の積み重ねの上にある」

願わくば「成功は失敗の積み重ねの途中途中にある」だと良いのですが

やはり成功体験は途中で欲しいですね

※写真:国際武道大学学部長 松井教授のご挨拶

※写真は世界大会で優勝した嶋田りきと選手と所属する埼玉栄高校空手道部監督の藤江先生

ただ、その成功が勝負に勝つことだけなのか、それとも小さな達成を見いだせたとき

それも小さな成功として次へとつなげられるのか・・

ほんと学ばされますね

関係者の皆様

有難うございました。

Leave a Reply